ツリーパン / 丸ごとオニオンスープ / ベイクド・アップル(マスカルポーネ添え)

2017/11/15 (水)

ツリーパン / 丸ごとオニオンスープ /
ベイクド・アップル(マスカルポーネ添え)

11月度講習会

11月のオーブン講習会はツリーパン/丸ごとオニオンスープ/ベイクド・アップル(マスカルポーネ添え)の3品です。
写真を見てお分かりのように全部まとめて調理しました。

オーブンプレート

今回は3品を2段で同時に調理し、オーブンプレートも大活躍です。
写真上から浅型プレート2枚、深型プレート1枚、グリルプレート1枚の計4枚がセットで本体についてきます。
深型プレートを使用する機会があまりない、という方もいらっしゃいますが、使い道はちゃんとあります!
お湯をはって茶わん蒸しやプリンを調理したり、今回は二次発酵で膨らんだ生地がラップにくっつかないようにするために
深型プレートを使用しました。
4枚もついてきてとっても便利!

予熱の仕方①

購入後、予熱はどうやってするの?とお問い合わせをいただくことがあるので、予熱についてご説明したいと思います。
コントロールパネルの一番左が電源ボタンです。
タッチパネル式なのでまずは電源ボタンにタッチしましょう。

余熱の仕方②

電源ボタンにタッチすると写真の表示になります。
【Heating Functions】と出ます。加熱モードの選択、という表示です。〖OK〗にタッチします。

予熱の仕方③

〖OK〗にタッチすると写真の表示になります。
どの加熱モードで調理したいか矢印をタッチし、自分で選択していきます。
どのヒーターを使用する加熱モードかアイコンを見るとわかります。

予熱の仕方④

今回はパン生地の発酵もオーブンで行うので、写真の加熱モードを矢印で選択します。
【Dough Proving】パン生地発酵モードです。〖OK〗にタッチします。

予熱の仕方⑤

〖OK〗にタッチすると写真の表示になります。
【Dought Proving】パン生地発酵は40℃固定のモードのため温度の変更は出来ません。
〖OK〗にタッチすると予熱スタートです。予熱が完了するとピピッと音が鳴り教えてくれます。
温度の設定が可能なモードで予熱をする場合は写真のように加熱モードを選択後、矢印をタッチし設定したい温度に変更してから〖OK〗にタッチすれば予熱スタートです。

パン生地発酵中

実際にパン生地を発酵しています。
外からでも膨らんでいる様子がはっきりわかります。

生地を星型に成形

今回は焼きあがった後に重ねてツリーを作るため、一つ一つの星型がとっても重要!
星型をきれいに作れると重ねた時のバランスもきれいになります。
皆さん講師の手技を動画でとっていました。とても真剣でした。

3品同時にオーブンへ

これでもか!っと言わんばかりに3品すべて入れました。
庫内が広いっていいですね~!

調理中に

すでにAEGのオーブンを使用している方と検討中の方、お話が盛り上がっています。
皆さんいつも積極的に会話して下さり、アットホームな雰囲気です。

パン焼き上がり

3品同時に調理しましたが、しっかり焼き色がつきました。
このままでも形がかわいいのでXmasに限らず挑戦して下さいね。

オニオンスープ出来上がり

今回は玉ねぎを丸ごと使ったオニオンスープです。
涙を流しながら玉ねぎをカットする必要がないのでとても簡単です。

リンゴ焼き上がり

丸ごと焼くとこうなります。皮の赤色がとてもきれいですね。
出来ればリンゴは紅玉を用意していただくと味のバランスがいいです。

盛り付け

今回はXmasを意識したレシピなので盛り付けも素敵に仕上げました。
せっかくなのでツリーパンはそのまま見た目を楽しむことにしました。

チーズが溶けて

オニオンスープの玉ねぎは最後に溶けるタイプのスライスチーズをかけます。
とろっと溶けたチーズが玉ねぎにからみ、また違った味わいが楽しめます。

試食・談話

今回はオーブンの良さをご紹介出来たとともに、見た目にも楽しいレシピだったので、とてもワクワクしました。
すでにAEGのオーブンをお持ちの方はぜひXmasにいかがでしょうか。

過去の開催レポートはこちら

 
 
閉じる
 

シェア先を選択してください。

閉じる